オスカー・ミエル

楽天フィンテックファンド マネージングパートナー

オスカー・ミエルは、北米、欧州、アジアのフィンテック・スタートアップ企業と協働し、また楽天グループ全体の営業利益の約半分を占める様々な楽天金融サービス部門とも緊密に連携しながら楽天のフィンテックファンドを運営している。

 

楽天フィンテックファンドはアーリーステージ及びレイトステージを対象とし、とりわけ(ピア・ツー・ピア(P2P)レンディング、保険、アセットマネジメント、決済システム、デジタル通貨を投資対象としている。投資先にはEコマース向け決済システムを提供するWePay、次世代決済エンジンを提供するCurrency Cloud、ホワイトラベルローンを提供するInsikt、オンライン債権回収サービスのBlueVine、ブロックチェーン企業のBitnetが含まれている。

 

また、オスカーはシェアリングエコノミーにも積極的な投資を行っている。スペインとラテンアメリカでライドシェアリングサービスを提供しているCabifyは投資先の一つ。

 

前職の欧州、アジア、北米にあるJPモルガン、メリルリンチ、プライベートエクイティファンドではTMT(テクノロジー、メディア、通信)投資業務やキャピタルマーケットを担当。また米国を拠点とするリテール金融機関の方針転換を主導したほか、さまざまな起業に携わった。

 

オスカーはマドリッドにあるICADEにて学士号を取得後、ハーバードビジネススクールにてMBAを取得している。