リンダ・リウカス

Rails Girls 共同設立者

リンダ・リウカスは、作家、イラストレーター、プログラマー、また教育者として活動している。Kickstarterから38万米ドルもの資金を集め、大反響を得た絵本『Hello Ruby』 を執筆。世界270都市で女性へのプログラミング教育を行う非営利団体、Rails Girlsの共同設立者でもある。

 

リウカスは13歳でプログラミングに興味を持ち、現在は、テクノロジーの可能性、ストーリーテリング(読み聞かせ)やインスピレーションをテーマとした講演を世界中で行い、これらが社会やビジネス、キャリア、あるいは個々の人生に与える影響について語っている。ベンチャーキャピタルの出資を受けたニューヨーク拠点のスタートアップ創立メンバー10人のうちの1人であり、フィンランドのスタートアップ気運を作った1人でもある。現在では、世界各地で起こるであろう魅力的なことについて、世界中の人々にインスピレーションとモチベーションを与え、期待を持たせる存在として知られている。リンダは、ストーリーテリング、リサーチ、そして実践的な経験を組み合わせて、コンピューターが形づくる世界に対する洞察を与えている。