鍵本 忠尚

株式会社ヘリオス 代表取締役社長

2002年九州大学医学部卒業、2005年にアキュメンバイオファーマ株式会社設立。

2010年9月製品化(ILMブルー)を果たし欧州全土で販売開始。製品は世界中で高い評価を受け、業界標準の地位を得る。

大学発技術開発の「死の谷(Valley of Death)」を大学発バイオベンチャーとして日本で唯一わたりきった実績を持つ(2013年6月現在)。

2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞した医療を根本から変え得るiPS細胞を用いた第一号治験として期待される株式会社ヘリオスの代表取締役社長兼CEOとして経営にあたる。

 

2011JVA経済産業大臣賞、日中韓若手経済人新人賞(中華全国青年連合会、韓国明日新聞社共催)、FVM2011大賞