エアル・リフシッツ

BlueVine 創業者兼CEO

エアル・リフシッツは、パロアルトに拠点を置くフィンテックのスタートアップBlueVineの創業者兼CEOである。BlueVineは小規模ビジネスが抱える売掛債権を元に融資をするスタートアップであり、インボイスの請求権譲渡という、米国だけで1,000億ドルの取引規模があるサービスにおいて、4,000年の金融の歴史に対して改革を行おうとしている。エアルは、第3世代の小規模ビジネス起業家として、小規模ビジネスの成長と繁栄をサポートすることに情熱を注いでいる。BlueVine創業以前はGreylock Partners傘下でイスラエルと欧州に投資するGreylock ILのプリンシパルとして、スタートアップ企業に1億ドル以上の資本を投資することに関わっていた。さらに以前は、マッキンゼー・アンド・カンパニーのコンサルタントを務め、テキサス・インスツルメンツではアルゴリズム・エンジニアとしても従事した。現在は妻と2人の子どもと共にカリフォルニア州パロアルトに在住。シカゴ大学でMBAを最優秀で取得し、同大学のカールトン・フェローであった。