アンディ・ルービン

Playground Global 
創業者兼CEO

アンディ・ルービン は、ハードウェア機器開発を行うスタートアップに対するリソースや指導、資金の提供を目的とするPlayground Global の創業者でありCEOを務めている。モバイル分野で彼の功績は広く知られており、AndroidとDanger Inc.両社の共同創業者およびCEOを務めたほか、Googleにおいても中心的な役割を果たした。

 

GoogleのAndroid買収を機に、2005年、Googleに入社。彼が開発を率いたことによりAndroidは世界で最も普及している携帯端末OSとなった。また、Googleのモバイル・デジタルコンテンツ事業を率い、Google Play の開発も担当した。Google参画前は、Danger, Inc.の会長兼CEOとして、直接的にインターネットを体験できる機能を搭載した初期のモバイル端末のひとつであるSlidekickの開発を行った。

 

さらに以前は、双方向テレビをベースとしたインターネットサービスとしては初のWebTVの開発と製品化を手掛けたほか、General Magic社初の無線PDAのひとつであるMotorola Envoy の開発・製品化も率いた。

 

また、現在ベンチャーキャピタルの Redpoint Ventures のパートナーも務めている。